June 20211 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category世間ばなし

【時間に縛られたくない】と思うことありませんか?

01 Jun,2021

あなたは、集中力十分にありますか?
集中力をもって仕事にとりくみ、時間を効率的に使い、
仕事を進めたいと思っていても、なかなかうまくいきませんよね。


仕事をするときに、どのくらい時間をかけようか、
どのくらい時間かかりそうかなど、大雑把に頭に描いている人は多いことでしょう。
たとえば、この資料は今日の午前中に仕上げてしまおうとか、
外出前の1時間でこの作業を終わらせてしまおうなどです。


時間に.jpg


私は、1日の仕事時間の割振りを大雑把に決め、
仕事をしていくのですが、途中電話が入ったり、
雑務が入ったりとスムーズに仕事がなかなか進まず、
やるべき仕事をこなせたとしても、ダラダラ〜っと1日が終わってしまうことも多いです。


ピシピシっと仕事ができる方は羨ましいと思います。


ここ数年、取り組んでいるのが、一つの仕事を進めていく上で、
あえてタイマーをセットして仕事進めることをしています。
まさにいま、このメルマガを書くにあたり、
25分で書こうと腕時計のタイマーをオンにしています。


なぜか。
以前は、タイマーを使うと時間に縛られている感じがして、
嫌だなと思っていたのですが、ダラダラ〜っと仕事が半日や1日続くと、
結局のところ仕事の時間に縛られているのではと思ったのが一つの理由です。


タイマーをかけると時間を気にしますし、迷っていられない、
サクサク作業を進めないと、アラームが鳴ってしまいます。
結果、一つの仕事を早めに仕上げることができます。


コツとしては、このくらい時間かかるだろうなという予想よりも少し短めに設定することです。
30分はかかるかなというものであれば、25分とか20分とか。


特にこうしたメルマガやブログなどを書くときは、言葉や言い回し、
誤字脱字などを気にし始めるとキリがなく、
いくらでも時間を費やせてしまいます。
なので、一気に書く、後から見直す時間を確保して、修正していく。
そんな気持ちで進めています。


これは、印刷のデザイン版下を作成していくときも同じです。
写真のレイアウト、色合い、文字のサイズ、文字や行の間隔など無限に考えられるため、
時間を区切る必要があります。
印刷物の内容にもよりますが一旦完成させ、改めて後から見直すということが、
おかしい部分や間違いなどを見つけやすくなります。
結果、時間に縛られず効率良く仕事ができ、良い印刷物を作ることができます。


あなたも試しにタイマーかけて仕事をこなしてみてはいかがでしょうか?

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) プリントショップサン

オンライン相談