プリントショップ サン オフィシャルブログ

October 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category印刷のこと

50年前のペイズリー柄の魅力

28 Sep,2019

私は、バンダナを愛用しています。
1色の色使いで、1960年代から80年代ぐらいの
インディゴ染め(藍染)されたものが多いのですが、
そのなかでもペイズリー柄がとてもお気に入りです。


%83o%83%93%83_%83i.jpg


ペイズリー柄と聞いて、あなたはどう思いますか?
ものすごい柄、派手というイメージが強いのでは。


もともと、インドのカシミール地方で作られるショールの伝統柄の一つ。
19世紀ナポレオンの時代にイギリスのペーズリー市で大量生産させるようになりペイズリー柄という名前が定着したと言われています。


ペイズリーの形はゾウリムシやミドリムシなどの原生動物、植物の種子・胞子・果実、花弁、ボダイジュなどの葉などをイメージされているといわれます。
また、初期段階の胎児などとも結びつけることもできるので、
生命の象徴としてのデザインだったのでしょう。


日本で、天皇の三種の神器に勾玉(まがたま)がありますが、とても似ています。
昔の人々が生命というものを想起するとペイズリー柄にたどり着くのかなとついつい思ってしまいます。


世の中には、洋服のデザイナーが作り出す素敵なペイズリー柄がたくさんありますよね。色合いや表現方法は例えば、ブランドのエトロなどはすごいなと感じます。
https://www.etro.com/ja_jp/
何色も使われてデザインさせているペイズリー柄は、ド派手で、なかなか自分では身につけられないですが。。


その点、約50年前の藍染1色のバンダナは、白と藍色との組み合わせなだけなので、シンプルなデザインが多いです。シンプルさの中で、こんなにも多彩に表現できるのかと、人間の想像力の無限性を感じさせてくれます。
多分そういったところが好きなのだと思います。


45センチ角のサイズのなかで、シンプルな線、丸、葉、花柄、の組み合わせでここまで表現できるのだと感動を覚えます。
型を手で彫って作り染色していたので、柄がきっちりしていない部分もあり、人間味を感じさせてもくれます。
人間味が残っているものに魅力を感じることは、デジタルの時代になっても大切にしたい部分ですね。


以前、全体にペイズリー柄というものを使った、ショップカードや名刺印刷のデザインに使えないかなと考えたことがあります。
しかし、なかなか難しいなと断念。
印刷の伝えたい文字情報とぶつかり合ってしまうのです。


シンプルなペイズリー柄を“いいね”と感じてもらえるようなデザイン案ができたらと思い構想中です。

Category渋谷のこと

渋谷TSUTAYAイベントへ

26 Sep,2019

コミュニティの定義は「好奇心」が同じであること。
澤田渋谷副区長が言っていた言葉に合点がいきました。


%8Fa%92JTSUTAYA%83C%83x%83%93%83g.jpg


先日、知人に誘われ、渋谷の駅前にあるTSUTAYAで開催されたニューシブヤパラダイスというトークイベントに参加してきました。
その一部では、澤田渋谷副区長が登壇され、今の働き方であったり、渋谷の方向性などについてざっくばらんに語って、楽しく聞いていました。


渋谷で働く人たち、生活している人たち、活動している人たちに対して、渋谷区としてこういったイメージがあり、人々にこうあって欲しい、こんなコミュニティであってほしいという話をされている中で、冒頭に書いたキーワードが出てきました。


そのキーワードで、私は頭の中でグルンと過去が蘇りました。


〜そのコミュニティは「好奇心」が同じか?〜
10数年ほどまえ、色々な人と出会うことが自分の成長にとってもいいし、ビジネスにとっても、良い事と思い、たくさんの異業種交流会に参加していました。
知り合いを通じてなど、誘われれば参加するなどしていたので、
月に1から2回ぐらいは行っていたかもしれません。
場所は、東京都内で色な場所。集まっている人たちも飲食店経営、メーカーの方、ビルオーナーさん、保険屋さん、不動産屋さん、ダンサー、デザイナーさん、などさまざま。


私は少し人見知りなところもあるので、
1対1で話する事は普通に話しますが、とても無難な話ばかり。
その場では、名刺交換して、「またよろしくお願いします」と別れるのですが、それっきりのこともほとんど。
あなたは、異業種交流会などうまく活用できていますか?

副区長の「好奇心が同じ」という言葉を聞いて、昔の事を思い出しました。
確かにその頃会った人たちとは、無難な会話なだけとはいえ、
他業種なので同じ好奇心の人がなかなかいなかったのかもしれません。
そのうちあまり意味がないなと感じ、そういった会には参加する機会が少なくなりました。
その頃に気が合い、今でも仲良くしている方は、10人ぐらいはいらっしゃいますが。


最近は、道玄坂青年会の関係で渋谷の未来をキーワードにした会議やイベントに主に、参加しています。
そこで、つながる方々は、異業種ですが、皆さんもちろん渋谷の街をどうしたい、渋谷でどう活動したいなど、好奇心が同じ。
そうした中で、道玄坂の街の活動でたくさんご協力頂ける方、仕事へとつながる方などいい形になっていると感じます。


今回、TSUTAYAに参加している30名ほどの人たちは、皆さんは渋谷に興味を持っている人たちばかり。名刺の交換をしました。今後の活動の広がり見せることができればと思います。
そのためには、まず「自分から動くこと」が大切です。


PS
異業種交流会などでは、第一印象をよく持ってもらうことも必要ですよね。
探り探り会話が始まるので、名刺に記載されていることを中心に会話がやりとりされることも多い。
その時に役に立つのは、自分の事業内容だけでなくプロフィールなども名刺に印刷されていると、会話の入り口になりやすく、相手に覚えられる可能性が高まります。
そんなこともイメージしながら、名刺を作ることもオススメです。

Category印刷のこと

ツバメノート

08 Sep,2019

私は字が特に下手です。
でも、ノートを書くのが好きです。
書く事で、頭の中を整理してくれる感じがするから。


%83m%81%5B%83g.jpg


普段、カバンの中に仕事用ノートを1冊となんでもノートを1冊入れています。
仕事用はマルマンの7ミリ罫線
なんでもノートは、ツバメの白紙ノート(B5白無地(50枚))を使っています。


仕事でパソコンやiPadを活用してメモを取ろうと思った事はほぼないです。
人の話を聴きながら、パソコンにキー入力していくこと、ブラインドタッチができないことも、一つの理由。ブラインドタッチに気を取られて、重要なところを聞き逃してしまうという恐怖感があるからもしれません。


しかし、それ以上にノートを手書きで書くのが好きな理由は3つあります。


1,書いたキーワードをもとにさらに、四方に書くことができる
矢印を引っ張ったり、右に書いたり左上に書いたりができるので、アイディアが広がるイメージがあります。
2.目立たせたい文字は大きく描ける
文字を大きく描けるだけで、さっと別の色ペンで書いたり重要だと思えば、ぐるぐる線で囲んだりできます。
3.イラストや図が描ける。
文字情報だけだとやはり限界があります。イラストを残しておくだけで人に伝えることも容易くなりますね。


特に、なんでもノートで使うツバメの白紙のノートはお気に入りです。
もうかれこれ5年は継続して使っていて、15冊ぐらいになります。
なんでもノートは、仕事以外の事はだいたい書いています。


例えば、道玄坂青年会の打ち合せ内容、アイディア、ちょっとしたメモ、お気に入りの言葉、読んだ本の一部抜粋、これから読みたいと思う本のメモ、愚痴、未来の予定、イメージ図などなど。
日付け書いて、バラバラに書いてます。文字の大きさも大きかったり小さかったり。
下手な字なので、恥ずかしくて他の人には見せたくないですが。


たまに思う事が、もし将来自分が死んで、自分の孫が、おじいちゃんのノートを読み返した時に「じーちゃん字が下手くそだな」とか思われるかなとか考える事があります。


たまに過去のツバメのノートを手にとって見返すことがあります。
3年前は私は何を考えていたのだろう。どんな行動をしていたのだろう。何を信じていたのだろうなど。今と比べて成長しているかどうか、考え方が変わっているかどうかなど、ちょっとした尺度になっています。
そして、その時に思いついてそれっきりになっているアイディアをもう一度考えなおす事もあります。


仕事で日々パソコンを使っていて、そのメリットも十分わかっています。
ノートのアナログの感覚は、自分の脳内をストレートに出力してくれるデバイスであると感じながら使っています。紙を扱う印刷屋としてノートを使う感覚は、大切にしたいです。


あなたは、普段ノートやメモはどうされていますか?


ps
ツバメノートは、1947年から表紙のデザインは変わらず、クラッシックです。
そして、本文に使われている用紙、ツバメ中性紙フールスは最高の書き心地です。
一度は使われることをオススメします!
http://www.tsubamenote.co.jp

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン