June 20201 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

全ての仕事で必要な記憶力とは?

29 May,2020

【脳のワーキングメモリ】をご存知ですか?


ワーキングメモリは情報の一時的な保存を行う記憶のことをいいます。
脳の前頭前皮質が基盤となる部位と言われますが
日常ほぼ全ての場面で、ワーキングメモリを使っています。


83ワーキングメモリ.jpg


たとえば、人との会話。
相手に質問された内容を一時的に覚えておく事で、
質問に答えられます。
本を読んでいて、登場人物やどんなストーリ展開させれているかを
覚えている事で、文章が理解できます。


また、長期で記憶するのとは違い短期間の記憶のため、
人が記憶できる量に限界があると言われます。その数7 ± 2 前後。
軍隊のチームなどは4人から6人ぐらいの編成で、この考えに基づいてます。
電話番号などは、090-1259-0347とハイフンを入れることで、
覚えられるようになりますね。


仕事の時はどうでしょうか。
ワーキングメモリは、仕事などで重要な用事があるとき
主に2つの機能を果たすようです。
1.優先順位をつけてから情報を処理する。
関係ないものは無視をし、必要な情報から処理できるようにする。
2.情報を利用して作業できるように保管する。
これらができないとパニックになるか、仕事ができなくなります。


私たちの印刷の仕事も、
ワーキングメモリをフル活用していると言えます。


お客様の要望を伺い、版下をまず作成し、
お客様に確認いただき、修正して、校了して、印刷して加工する。


どのようににレイアウトするか
色をどうするか
画像のサイズはどうするか
フォント変更
サイズの変更
画像の差し替え
色の変更
納期確認
紙の種類
お客様にとって最適な印刷は何か
などなど。


脳がものすごい勢いで動いています。
あまりにもやることが増えて、疲れている時、
ワーキングメモリがうまく動いていない場合は、
ミスをしてしまうことがあります。
例えば、文字の間違いを見逃すこと、
お客様から修正受けた内容を差し替えてないなど。


だからこそ、意識的にも優先順位をつけてから情報を処理し、
作業を進めて行く必要があると考えます。


あなたも仕事量が多すぎて、
間違いやパニックになること不安になることあるのではないでしょうか。


このワーキングメモリのうまく活用するためには、
丁寧な食事をとること睡眠時間をしっかりとること、
運動することなど、基本的によく言われることが大事なようですね。

PS.【オンライン相談】をやっています。まだまだコロナが気になり、
東京渋谷に行きにくいというお客様もどうぞ。お店には行かずに相談したい、
簡単に自分の希望を伝えて注文したいという方にオススメです。
以下クリックして、Zoom相談が申し込めます。
https://www.p-sun.co.jp/online/

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン

オンライン相談