September 20211 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Categoryマーケティングのこと

会えば会うほど【好きになる理由】

24 Jul,2021

小さい頃、ドラえもんをテレビでよく見ていました。
大好きで毎週見ていて、
もちろん主題歌を歌えるようになっていました。
いつの日か主題歌が変更。


その時はとても違和感を覚え「前の歌の方が好きだった」と思っていたのですが、
変更した主題歌を繰り返し聞いているうちに、
それも歌えるようになり好きになっている。
あなたにもそんな記憶ありませんか?


単純接触効果210719.jpg


これは、アメリカの心理学者ザイアンスが実証した
【単純接触効果】と呼ばれるものです。
初めて接したときには好きとも嫌いとも思わなかったのに、
繰り返しその刺激に触れる事で
だんだんと好意が芽生えてくることです。
もちろん音楽だけでなく、人や物、文字などの様々な刺激に
生じると言われています。
この社会心理学の【単純接触効果】は、
ビジネスをしていく人には大事な考え方だと思います。


その他にも私は、過去の実体験のなかで、
【単純接触効果】を感じることがあります。


その頃は言葉すら、知らなかったのですが。。
社会人になり働いていた職場では、
営業はお客様のところに毎日顔出せ、
電話かけろ、手紙を出せと上司から散々言われ、
意味を理解せず、「意味あるのかな?毎日は嫌がられないかな」と思いながら
営業活動していました。
しかしその頃、お客様からは好かれることも多く、
契約を重ね自分の想像以上に良い営業成績だったこともありました。
今思えば【単純接触効果】があったのだなと思います。


なぜ、繰り返し接するだけで人は好意を持ってしまうのでしょう?
人は新しいモノや人に接する時に、
それまでに知らなかった情報をあれこれ取得するのですが、
その際に認知する「脳」に大きく負担がかかります。
例えば、初めて会う人の名前や外見的な特徴や
職業や働いている地域などなど
一度に覚えなければならないことがたくさんあります。
しかし、2回目会う時に顔と名前を覚えていたとしたら、
その分覚えなけらばならない事が減り、脳への負担が減ります。
3回目に会う時に職業を覚えていたら、さらに脳への負担が減ります。
相手のことをより楽に知覚できること、
認知的な脳の処理の心地よさを、
相手に対する好意だと勘違いする事が、
【単純接触効果】が生じる原因の1つと言われています。


と言うことは、会えば会うほど、
接触すれば接触するほど好きなる。


周りを見渡すとどこでも見かけますね。
近場にいる人を好きになってしまうなどの恋愛に関してもそうですし、
テレビやネットのCM、電車の中吊り広告、
そして選挙で繰り返し候補者の名前が叫ばれるのもそうですね。
人間がまぬがれることのできない
【単純接触効果】をあなたのビジネスに生かしてみるのはどうでしょうか。


ただし、注意しなければならない点は、
もともと嫌いな場合は逆に、
接触すればするほど嫌いになるとのことなので、
やはり第一印象は大切ですね。

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) プリントショップサン

オンライン相談