June 20201 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Categoryマーケティングのこと

【ストーリーのある】味

14 Jun,2020

昨年の夏、インドネシアのお土産をもらいました。
コーヒーの粉です。
現地のお土産屋さんで売っているコーヒーかなと最初思っていたのですが、
よく見るとコピ・ルアク。


コピルアク.jpg


一生に一度は飲んでみたいとも言われるコーヒーでした。
日本で、普通に飲める喫茶店やカフェはなかなかなく、
高級ホテルで一杯7,000円はするという超高級なコーヒー。


ジャコウネコがコーヒーの実を食べ、排泄し、
そのコーヒー豆をよく洗浄し、乾燥させてできた豆になります。
「コピ」とはインドネシア語でコーヒーという意味で、
「ルアク(ルアック)」は野生のジャコウネコという意味です。
ジャコウネコは、猫といっても見た目はタヌキのような感じです。


ジャコウネコが、コーヒーの新鮮な赤い実を食べ、
そのうちの果肉を栄養として吸収。消化しないコーヒーの豆は、
しばらくジャコウネコの腸に行きます。
コーヒー豆が存在する消化酵素の働きや腸内細菌による発酵の働きで、
独特の香味となるコーヒー豆ができるそうです。


こんなところで、発酵の力がでてきますね。
人間の食べ物で嗜好のもの、栄養の高いもの、
うまいとされるモノで、ビール、日本酒、ウィスキー、ヨーグルト、納豆、キムチなど。
目に見えない微生物の力は偉大です。


パッケージを開けてみて、すでに挽かれた粉が非常に細かい。
ネットで調べた飲み方をチャレンジしてみました。


カップにその細かい粉を入れ、単純にお湯を注ぐだけ。
最初は粉が浮いていますが、しばらく待って粉が沈むのを待ちます。
そして上澄みを飲みます。


私は、あまりコーヒーの味にこだわりはありません。
セブンイレブンやローソンなどのコーヒーでも十分満足するタイプ。
いわゆる味の違いがあまりわからないとも言えます。


しかし、飲むと、独特な風味があり美味いなと感じました。
もしかしたら、コピ・ルアクというブランドで、美味いと感じているのかもしれません。


世の中にあるどんなモノも、
希少なもの、こだわりのあるモノ、ストーリがあるモノは、
価値が高くなる傾向があります。
とくに、ストーリーがあると人の記憶に定着しやすい、
または説得力があるともいわれます。
印刷屋の私たちは、デザインや紙や印刷とどこにこだわり、
価値を高めようとしているか、お客様にとって何が役に立つのか、
そのストーリーを丁寧にお客様にお伝えできるよう心がけていきたいものです。


あなたのビジネスには、どんなストーリーがありますか?

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン

オンライン相談