May 20211 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category事例紹介

【都市養蜂】Beetopiaはらじゅく様動画

26 Apr,2021

原宿竹下口駅前のビルの屋上で蜂が飼われていることをご存知ですか?
【都市養蜂】です。


そのPVの撮影編集を桜の花が満開から散る2021年4月にさせて頂きました。
ミツバチたちも活発に動き始める季節です。
beetopiaサムネール 2.JPG


下記Youtubeより1分の動画がご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=_EabIas5ePY



ミツバチは巣から2〜3キロ圏内を飛び、花の蜜を集めてくるそうです。
原宿竹下口の反対側には、明治神宮と代々木公園が広がります。
明治神宮は、大正9年1920年に創建され、
全国から約10万本が献木され造成された人工林です。
100年前から整備され続けている林。代々木公園は54年前1967年に開園。
都会の中の自然が広がり、神聖な場所から集まってきている蜜というだけで、
食べてみたくなりますね。


ビルの屋上には、ミツバチの住まいとなる巣箱が設置されています。
それぞれの巣箱ごとに女王蜂、雄蜂、雌の働きバチがいます。
巣箱のまわりで飛び回っていたり、明治神宮の方に飛んで行ったりしています。

私は明るめの色のジャンパーを着て、頭からネット帽子をかぶり、
採蜜するところを撮影をさせて頂きました。
やはりミツバチが沢山働いているというシーンは寄って撮りたいので、
巣箱に近づきますが、その時、門番の役割をしている警戒ミツバチが
私のまわりに集まってきます。
もちろん服や手にも止まってきます。
蜂を驚かせなければ刺されることはないのですが、
私が慌ててしまうと驚いて刺してくるので、平静を保ちながらカメラを回します。
そのうち離れていなくなります。
だんだん慣れてくると、手に止まるミツバチもかわいく思えてくるから不思議です。


養蜂家の方が巣箱からケースを取り出し、
一生懸命働いているミツバチを払い、
ドラム缶のような採蜜する機械に設置していきます。
8枚ほどケースを設置して、機械のスイッチをスタート。
ドラム缶の中で勢い良く回転をし始め、遠心力でハチミツを採っていきます。
そして、下からレバーをひねるとハチミツがドッと出てくるのですが、
つい指を出して舐めてみたくなるような、
透明感のあるはちみつ色をしています。


一連の流れを寄ったり引いたりしながら撮っていくのですが、
ミツバチに真剣に向き合っている養蜂家の方を
いかに切りとれるかという事を意識しました。
丁寧に育てているミツバチが、一生懸命採ってきたハチミツ、
自然の恵みが美味しいと全ての良さが伝わるようにです。
最終的に1分の動画にまとめ納品させて頂きました。


ハチミツは、竹下通り入口横のビルの自動販売機または、
BASEでも販売されています。

https://beetopia.tokyo/

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) プリントショップサン

オンライン相談