プリントショップ サン オフィシャルブログ

May 20201 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category世間ばなし

【逆境を乗り越えよ!】ウィンストン・チャーチルの言葉

12 Apr,2020

「絶望することは罪である。
そこからは何も生まれない。
どんな逆境においても絶望してはならない。
むしろ絶望という名の不運から
希望ある将来へと導く強さを学ぼう。」


第二次世界大戦時にイギリスを勝利に導いた
ウィンストン・チャーチルの言葉です。


ウィンストンチャーチル.jpg


今あなたも含め、日本国民のほとんどの人達が、
新型コロナウィルスによって危機を感じているのではないでしょうか。
プリントショップサンがある渋谷駅周辺は、
大型施設だけでなく、飲食店、居酒屋など
かなりの割合で休業をしており、
街中は普段の3割も人がいない感じを受けます。
都心の危機的状況を象徴しており、とても寂しさを覚えます。


そんな中、先日立ち寄った本屋さんで、
「チャーチル150の言葉」という本を見つけ購入。


冒頭の言葉は、この本のトップに書かれている言葉です。
私自身ぐっと胸に刺さり、ご紹介させて頂きます。


チャーチルの人生は、
挫折と栄光の繰り返しであったようです。
第二次世界大戦では、ナチス・ドイツの勢力が拡大して
フランスは陥落間近、イギリスにも危機が迫っていたなか、
チャーチルは首相に就任。
ヒトラーに屈して統治下に置かれてしまうのか、
それとも誇りを持って闘い抜くのか。


チャーチルの必死の国民に訴えかけるスピーチと
画期的な軍事戦略によって、最後は勝利に導いています。
チャーチルのストーリを読んでいると、
人生のどの場面でも次々に逆境が迫り、
乗り越えているように感じました。


今は、戦争という国と国の闘いではありません。
ウィルスという得体の知れない、見えない敵との闘い。
そしてその影響によって、経済活動がことごとくダメージを受けています。
私たちのこの状況は、戦争の時代と重なる部分が多いのではと思います。


この逆境、なかなか難しいところも多々あるとは思いますが、
私達自身が少しでも希望を持ち続けないといけないでしょう。
心のサポートの一つとして、こういった名言は必要なのではないでしょうか。

PS. 一昨年、映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」が
公開され話題になりました。
こちらもお時間ある時に見ると第二次世界大戦のイギリスの状況と
チャーチルがどのように乗り越えていったのか
イメージが湧きやすいので、おすすめです。

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン

オンライン相談