プリントショップ サン オフィシャルブログ

March 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category印刷のこと

地動説の裏に印刷あり!

27 Feb,2019

先週は、小惑星探査機「はやぶさ2」が
小惑星リュウグウへの着陸を成功させて
ニュースを賑わせましたね。
こういった、日本人が成功させる話題は
やはり嬉しくなりますよね。


少し前、空気が冷たい休日の午前中、
印刷博物館に行きました。


印刷博物館は、凸版印刷株式会社が運営していて、
印刷の歴史を優しく学べるところです。
私のお目あては、「天文学と印刷」という展示会です。


tenmon.jpg


天文学と言うと堅苦しくてピンとこないですが、
やはり男なのか、宇宙へのロマンというか
本業の印刷との組み合わせということで、
興味が湧き、行ってきました。


展示の内容を大雑把にいうと
発明された活版印刷が15世紀から16世紀ごろに、
天文学の発展も後押ししてた
という事が当時の書籍が展示され、紹介されていました。


印刷は、ルネサンスの3大発明のひとつです。
印刷、火薬、羅針盤。
ご存知ですか?


展示されている中で、
一番初めに興味を持ったキーワードが、
星の研究をしながら印刷所を持っていた
“学匠印刷家”という人がいたということ。


稼ぐためには、二足のわらじなのかーと
思いながら展示を読んでいくと、全然違いました。
自分の研究した天文学を発信していくために
印刷所をもっていたという事です。
その印刷所には、教養のある人々、学者、大学教授などが集まって、
あれやこれやを議論する場にもなっていたらしいです。


今でいうと仲間で
あーだのこーだの話して、
研究記録をブログなどのSNS発信している
ということですね。


次に興味をもったのは、
コペルニクス。
だれでも、一度はこの人の名前を
耳にしたことがあるのではないでしょうか。


それまで、空が動く天動説が
当たり前とされていた時代に、
地球は太陽の周りを回っていると地動説を唱えた人物ですね。
30年間この説を研究し、暖めていたそうです。


それをお弟子さんが本にするべきだと
コペルニクスを説き伏せ、ニュルンベルグにある印刷所に
持ち込んだらしいのです。
コペルニクスが住んでいるのは、ポーランド。
印刷所があるのは、ドイツのニュルンベルグ。
なんとその距離、800Km。
日本で例えると東京から北海道に発注の距離。


この印刷物に影響を受けて
後々地動説をさらに推し進めていくことになります。
様々な人が出てくるのですが、
ヨハネス・ケプラー、ガリレオ・ガリレイ、ルネ・デカルト、
アイザック・ニュートン。


印刷がこんなにも
天文学の発展の歴史の裏側にある
と改めて知りました。
もちろん天文学のみならず、
地理学、生物学と様々な学問の発展には、
印刷が必ずあります。
その発展の恩恵を我々は受けていますよね。


今の時代の印刷が伝える力、
発信する力をどう生かしていくかを考えつつ、
お客樣の役に立つ仕事ができればと改めて思います。

Category世間ばなし

価値あるカード from NY

20 Feb,2019

昨年の12月半ばごろ、
意外にもニューヨークからカードが届きました。


%83%5E%83C%83%80%83Y%83X%83N%83G%83A.jpg


中学時代の後輩からのクリスマスカードです。
最初、郵便受けから取り出したとき、
DMかなと思ったぐらいです。


一年ほど前に、
たまたま同じ学校の卒業した数名
が集まって飲む機会があり、
その時に30年以上ぶりに
再会したのがきっかけです。


中学時代の後輩といっても、
正直な話、そのころは、
お互いに顔と名前を知っているだけで、
まともに会話したことがありません。
でも、大人になって再会して、お酒を酌み交わすと
妙に近づいた感じがしますね。


今その後輩は、ニューヨークで美容師をしています。
高校を卒業と同時に日本を飛び出し、
そのまま美容師の道に進んだようです。
今やワンカット数万円でやっているアーティストです。


そんな彼から届くクリスマスカード。
とてもセンスを感じる素敵なもの。


封筒の素材からして、印刷屋の僕の心をくすぐってきます。
えんじ色でちょっと何かのカスが混じりこみながら、
ちょっとザラつにがある素材。
なにかしらの再生紙ですが、とっても上品です。


中身のカードには、
シンプルにmerry xmassと
トナカイがさりげなく描かれています。


そして、色々と手書きで文章が書かれている中、
最後に「出会いを大切に」のことば。


一つ下の後輩で、いわゆるオッさんからもらっているのですが、
ちょっと胸に刺さり、とてもすごく嬉しくなりました。


これは早速にでも返信を出したいな
という気持ちに。


人から思いがけずモノをもらうといった時に
返報性の原理というのが働きます。
返報性の原理とは、人は他人から何らかの施しを受けた場合に、
お返しをしなければならないという感情を抱く、こうした心理のことをいいます。


そういった心理的要素もあるとはおもいますが、
それ以上に、ぼくにとってこのクリスマスカードに価値があります。


・30年ぶりに会う後輩からもらう意外性
・ニューヨークから届く素敵なカード
・めったにもらうことのないクリスマスカード


その後、クリスマスカードを書いて
12月18日にAIR Mailで返信しました。
その後、1月5日に届いたと、メールがありました(笑)
(アメリカの郵便事情のせいだと思いますが)
クリスマスには間に合いませんでしたが、
とても喜んでもらえたようです。


こういったデジタルの時代だから
あえて手紙といったものは、嬉しいですね。
そして、ちょっとした心遣いで繋がれると
素敵だなと思いました。


あなたは、手紙を書くことありますか?

Category世間ばなし

寝かすと魅力が増す!?

18 Feb,2019

私は、お酒が強い方ではありません。
顔にすぐに出てしまい、真っ赤になります。
そのため普段は、あまりお酒を口にすることはないのですが、
唯一、飲みたいなと思うお酒があります。


%83E%83B%83X%83L%81%5B%92M.jpg


ウィスキーです。


なぜウィスキーに興味をもったか。
以前、所属する渋谷法人会の研修旅行で、
サントリーの白州工場に見学に行ったことがあります。


そのときに時間と手間をかけて丁寧に作っているところ、
またそこで試飲した25年モノ白州ウィスキーの
風味が忘れることができず、
たまにシングルモルトウィスキーを口にすることがあります。
シングルモルトとは一つの種類の大麦から作られるので、そう呼ばれます。


強くもないのに、飲み方はストレート。
口に少し含んで、ぐびっと飲み、そのあとチェイサーの水と一緒に飲むと
鼻にすうっとウィスキー独特の風味が通ります。
それを楽しんでいます。


ウィスキーがどのように作られているかご存知ですか。
いくつかの工程を丁寧に進んでいくのですが、
おおざっぱに言うと
大麦麦芽と温水でまず麦汁を作ります。


酵母と乳酸菌の力で発酵、アルコール生成。
発酵したもろみ(発酵液)を蒸留します。


そして、樽貯蔵 5年10年20年と熟成させます。
ウィスキーをウィスキーたらしめているのは、
木の樽の貯蔵と言えるぐらい重要な部分です。
丁寧に作り込んでいき、あとは貯蔵で寝かす。


寝かすことで、ウィスキーの魅力がどんどん出てきます。


私は、白州工場で、この説明を受けた時に、
なんか似ているなと思いました。
私たち印刷屋は、一からデザイン制作して、
お客様に提案していく際に、一晩寝かして見直してから提出することがあります。


というのも、デザインしてレイアウトしていくときは、
それなりの熱量を持って作業していくため、
その制作したものに入り込んでいて興奮状態です。
いい物と信じ込んで作成しているので、
本当にいいか客観的に見ることができていません。


一晩寝かすことで、興奮状態が冷めるので、
落ち着いて一歩引いた目で、
客観的に見ることができます。
改めて制作物の目的などと照らし合わせて、
方向性が間違っていないか見直すことができます。
おかしいなと思う部分は、修正して微調整。


やっぱりこれが良いなと思うときは、自分を信じて
お客様に提出、提案していきます。


慌てて、思い込みで、これでどうですかというより、
一晩寝かしてから提案していく方が、
より良い、魅力が増す印刷物になると私は考えています。


あなたも、プレゼンの資料を夜遅くまで作って、
朝起きて見直して見ると、
結構手直ししたい部分があるなんてことありませんか?

PS:
長年貯蔵していくと、どんどん蒸発しいくため、
樽の中のウィスキーは少なくなっていきつつ、
独特の味わいや香りが生まれています。25年ものなどは、とても高価。
蒸発した分を“天使の分け前”といいます。
昔から「天使に分け前を取らせているからこそ、
我々は美味しいウイスキーを手に入れることができたのだ」
と考えられてきたそうです。

200種類以上の名刺デザインご用意↓
http://www.p-sun.co.jp/meishi/

名刺をスマホで撮影して
簡単再注文はこちら↓ 
http://www.p-sun.co.jp/meishi/re_order/index.html

Category世間ばなし

心の声を聞けていますか

06 Feb,2019

「結構痛いなー 今日は」
と私の心の声。
いつも通っている床屋さんでの話。


%8F%B0%89%AE.jpg


もうその床屋さんには、10年以上は通っています。
私が通っている床屋さんは、
都内でも何件も店舗を運営している高級床屋さん。
1カット6000円近くします。


知人の紹介からそこに通いはじめ、
その担当の方のカットに満足しているので、
2ヶ月に1回ペースぐらいで通い続けています。


カットしてシャンプー、マッサージして仕上げ。
そのマッサージの時にほぼ必ず新人に変わります。


よろしくお願いしますの元気のいい人もいれば、
ちょっとチャラいかなと言う人も。
今回担当してくれたのは、まじめそうな新人君。
シャンプー後、いつものように頭のマッサージ、肩のマッサージ。
で、、、
今回かなり痛い。指が食い込む感じ。きつい感じ。


でも私は、何も言いません。顔にも出しません。
その新人君は一生懸命だから。


ちょっともう少しソフトにと言えばいいのですが、
ついつい我慢してしまいます。
小心者だからでしょうか。
気をつかってしまうからでしょうか。
僕のようになかなか口に出せない人も多いのではないでしょうか。


シャンプーの時は、
「痒いところございませんか」と
定型文がありますが、
マッサージの時はないのかも。


もしこの時「強すぎないでしょうか」と言われていたら・・


お客さんの本当はこうして欲しいという要望も
声に出さず顔に出さずだと
わからないまま事が進んでいきますよね。


お客さんを相手にしている仕事は、
必ず要望を聞かないといけませんよね。


印刷のデザインを作ってレイアウトしていくときには、
必ず要望を聞いていきますが、
聞いたつもりで本質を聞けていないこともあります。
それをしっかり聞けていないと、
トンチンカンな提案をしてしまう。


その提案をお客様が口に出して
イメージと全然違うと言えなかったらどうなるでしょうか。
プロだから大丈夫という思い込みでいたらどうなるでしょうか。


結果
本質とはズレた印刷物が出来てしまい、
いいものは仕上がらないでしょう。


自分の思い込みを無くしながら、要望をきく。
お客さんが口に出していない、心の底を引き出していく。
きちんとお客様と向き合っていくことが大切ではないかと思います。


あなたは、ご自身のお客さんの心の声をしっかり聞けていますか?

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン