プリントショップ サン オフィシャルブログ

May 20201 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category世間ばなし

コロナニュースで【集中力がなくなる!?】

25 Apr,2020

連日コロナ関連のニュースばかりで疲れますよね。


ソーシャルディスタンス.jpg

テレビをつけてニュースを見れば、9割はコロナ関連の話題。
Yahooのトップページを開けば、ニュースのトピックス8項目中全てコロナ関連が並ぶ。
ついつい見てしまい、反応して見てしまいますよね。
そして見たい連鎖が止まらない。


ステイホーム、テレワークで自宅で仕事をしていて、
ただでさえ集中力が保てないのに、さらにコロナニュースに反応してしまい、
仕事の生産性が低いなんて人も多いのではないでしょうか。


人間の脳は、食欲や性欲よりも、恐怖や危険に反応するようにできています。
太古の昔から人間に限らず動物は、捕食者にとらわれないように
悪いニュースを優先的に処理するメカニズムが出来上がっているんですよね。

のんびりと食べ物を探しながら森を歩いていて、
サーベルタイガーがいる茂みががさっとなっても反応しなかったら、
食べられてしまうということです。
危険に反応してきたものだけが生き延びてきた。


ある実験によれば、怒った顔は大勢のニコニコ顔の中から
【飛び出して見える】ようです。
反対に大勢の怒った顔に混じったニコニコ顔は見つけるのが難しい。


それぐらい私たちの原始的な脳は、恐怖や危険に敏感に反応します。
だから、最近のニュースに反応してしまうのは、しょうがないと言えばしょうがない。


かといって生産性が低く、そして暗いニュースを受け続けることで脳にダメージを与え、
さらに集中力を下げることは、なにもいい事を生みません。


「今だからできること」というキーワードをよく見ますが、
ニュースを見続けない。ネットを見続けない。という事もありなのではと私は考えます。
ニュースを作っている側は、意図していなくても
恐怖をあおればあおるほど沢山の視聴者が見続けてくれる訳ですから、
あおり続けるでしょうし。


最近は、一日一度30分、最低限必要な情報を得たらおしまいというふうに決めています。
今の悪い状況は、私たちがニュースを見続けても変わらないからです。


そんな事を考えた時に、こんな言葉が頭をよぎりました。
「どうにもならんことはどうにもならん。どうにかなることはどうにかなる。」
スタジオジブリ プロデューサー 鈴木敏夫


こうした割り切った気持ちで、今やるべきことに集中していきたいですね。

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン

オンライン相談