プリントショップ サン オフィシャルブログ

November 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

9割がうれしいと感じる年賀状

26 Oct,2019

「9割以上の人が年賀状をもらって「うれしい」と感じている」
ビジネスマン・OLの"年賀状に関する調査の結果"に出ています。


いよいよ2019年もあと2ヶ月あまり。
来年は、オリンピックイヤーであり、干支の始まり"ねずみ年"ですね。
あなたは年賀状を、毎年お世話になった方、お客様に送られていますか?


年賀状2020_2.jpg


年賀状ご検討の方はサンのホームページからどうぞ↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html

歴史をさかのぼると、年賀状は平安時代ごろからあるようです。
もともとは、お世話になった人や親戚に
年始のご挨拶として伺い、顔を出し、挨拶して回るところから、
手紙にて挨拶するようになったのが年賀状の由来。


今でも、会社の年始のご挨拶まわりや親戚同士の集まりでの挨拶はありますね。
明治に入り郵便事業の発達とともに、年賀状がより活発にやり取りされるようになりました。


時代が進み、ここ数年では年賀状を「出す」人は、過去最低を更新して、
ついに 7 割前半になったとも言われています。
その理由の一つには、SNSという便利なツールがあります。


調査の中には、年賀状を出す理由と出さない理由があります。
●年賀状を出す理由として、
第1位 新年の挨拶として 78.7%
第2位 日頃、御無沙汰しているので 44.4%
第3位 お世話になっている(なった)ので 30.8%


●年賀状を出さない理由として
第1位 準備が面倒 55.2%
第2位 メールで代用 50.0%
第3位 LINEで代用 31.9%
とあります。


あなたがもしお仕事をされていて、日頃お世話になっている方がいて、
今後もお仕事を頂くことがあるのであれば、年賀状を出すことをお勧めします。


なぜなら、冒頭に記載しているように、
「9割以上の人が年賀状をもらって「うれしい」と感じている。」
から。


自分が出さなかったとしてもです。
さらに、「メッセージ」や「デザイン」など、
出す人のオリジナリティも気にしているようです。


年賀状は、紙のアナログなツール。


デジタルが進んで、
メールやSNSがあたりまえになりつつある情報過多な時代に、
あえて、手触り感のある手紙"年賀状"を送ることは、
受け取られた方に少なからず「うれしい」という気持ちが
芽生えることは間違いがありません。


あなたの仕事先のお世話になっている方に、
あなたの印象を少しでも残すのであれば、
年賀状にメッセージを一言書いて送るだけです。


もし、普段仕事が忙しいのに準備するのがとても面倒という方は、
プリントショップサンの年賀状サービスをご利用下さい。↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html


店頭で相談ができ、その場でご注文いただけます。
また、
・150種類以上のデザインサンプルをご用意しています。
・必要な情報会社名名前連絡先を教えていただければ、バランスを整えてデザイン配置。
・10枚の少部数でも印刷注文ができます
・面倒な宛名印刷も同時に注文することができます


40年近く道玄坂で店舗を構え、
渋谷で働く方々のお仕事のサポートとして印刷をしてきた
プリントショップサンは、
なるべくお手間をかけないように、年賀状印刷をお手伝いしています。


お世話になった方、これからもずっと繋がっていたい方に、
年に一度のこの機会に年賀状を送ることを忘れずにお勧めします。


年賀状ご検討の方はサンのホームページへどうぞ↓↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html
【早期受付割引キャンペーン!!】
11/8まで20%OFF 11/30まで10%OFF
チラシは店舗にてお配りしています。
ご注文は、店頭または、お電話、メール、ファックスにて承ります。

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン