プリントショップ サン オフィシャルブログ

June 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

いつも確認 !!

21 Jun,2019

こんにちは、プリントショップサンの
店長の長谷川です。
いつもご利用頂き、誠にありがとうございます。
先日、246と旧山手通りの交差点で、車に乗って信号待ちをしていました。
ちょうど隣には、東急バスが停まっていて、
教習車のプレートが貼られていました。


%83o%83X%89%5E%93%5D%8E%E8.jpg

運転手さんは新人さんでしょう。
その運転席のすぐ後ろの座席に、教官といった感じのおじさんがファイル持ちながら座っていました。


信号待ちをしている間、ずっとその新人の運転手さんは、
繰り返し繰り返し、指差し呼称で確認をしています。


当然声は聞こえませんが、シッカリ声張っているように見えました。
前方確認よし!メーター類よし!左ミラーよし!右ミラーよし!バックミラーよし!座席確認よし!
6箇所以上、繰り返し繰り返し。
(想像なので、確認している箇所と順番まちがっていたらすみません)


たくさんの人を乗せるバスの運転手さんは、安全第一ですよね。
ちょっとした気持ちの緩みが、とんでもない事故につながってしまう。
だからこそ、確認、確認を新人のうちから叩き込み、それを継続させて行く必要があるのでは。
ガラス越しに新人さんを見ていて思いました。


あなたも仕事をする中で、必ず確認をしているのではないでしょうか。
我々の印刷も繰り返し確認をしています。
「疑ってかかる」くらいに。


1.原稿もらうとき
名刺を作るにしても、チラシを作るにしても、原稿をテキストデータでもらう時など、ざっと誤字脱字などおかしなところがないか確認します。
たとえば、メールアドレスで明らかに変だなと気がついた場合は、間違ってないかなどの確認をお客様にします。


2.版下作成のとき
版下作成の時、もらったテキストデータをコピーペーストしていく作業にしても、人の手が加わるので、版下ができて社内で内校正をします。


3.お客様からOKもらったとき
お客様に確認してもらいOKもらったとき、特に一発で即OKもらった時は、ちゃんと見てくれたのか怪しいことも多いので、こちらでも確認します。


4.印刷するとき
印刷する時は、色味が変な方向性でないか、意図した色で出ているか、表裏間違っていないか、面つけが間違っていないかなど確認していきます。


5.断裁、加工する時
断裁、加工する時は、切る位置や折る位置など指定通りか、ずれていないかなど確認します。


6.全て完成して納品するとき
最後、仕上がって担当からお客様に納品する前に、注文内容と間違っていないか、数量も大丈夫かを確認します。


人の手が加わるので、そういった部分では、常に確認が必要。
印刷し始めると後戻りできないからです。


印刷業という仕事がら、間違いのない良いものを納品して、お客様に喜んで頂くためには、確認は大切なことですね。


ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン