プリントショップ サン オフィシャルブログ

June 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

ゆで卵爆裂!!

15 Jun,2019

先日、ゆで卵を電子レンジの中で爆裂させてしまいました。
朝、冷蔵庫にゆで卵があったので、温かい方がいいなと思い、
何も考えず電子レンジに入れ、1分のボタンぽちっと。


%82%E4%82%C5%83%5E%83%7D%83S.jpg


そのまま、他のことをし始めたら、
「ボンっと」破裂音が。
なんだと思い電子レンジを見ると中で卵が爆裂してものすごいことになっている。
正直、ゆで卵を電子レンジで温めてはいけないということをわかっておらず、
やってしまいました。。


ゆで卵は電子レンジではNGということで、あとでググってみました。


「ゆで卵はダメ!!」というページがいくつも並ぶ。
きっと私のように失敗した人の数も多いんだろうなとか思いながら、色々と学びました。


あたり前のように使っている電子レンジの原理、あなたは知っていますか?
簡単にいうと、「マイクロ波」を水分子にあてて振動させることにより発熱させています。
水分子には、+とーがあって高周波の電波を当てられると超高速で右向いたり左向いたりさせられて、熱くなるということです。


そして、なぜ卵はだめなのか。


電子レンジでゆで卵を温めると爆発する仕組み
1.卵の内部(黄身など)の水分が温まる!
2.しかし、外側が白身や殻で覆われているので、水蒸気の逃げ場がなく、高圧となる!(水蒸気が100℃以上となる!)
3.黄身が膨張して白身や殻を突き破る
4.この瞬間、内部の圧力が解放されて沸点が下がり、黄身に含まれる水分が一気に蒸発。
5.爆発!!


仕組みを知るって大切なことですよね。
「仕組み」とは、「誰が、いつ、何度やっても、同じ結果が出せるシステム」のことを言います。


印刷は、デザイン版下から印刷加工まで、どの部分でも仕組みがあります。
一つ例を取り上げるとすると


例:名刺の注文が入りデザイン版下をご提案するまで。
1.お客様の希望を聞く。
2.ご要望をふまえテンプレートを使いながらレイアウト。
3.お客様へ版下デザイン提案。
4.間違いがないか確認
5.確認校了後、印刷へ


1から5までの流れで仕組みができていますが、
更に細分化すると、各項目でも仕組みができています。


そして、プラスαで良いモノを作ろうという
人の想いが入っていないと、レイアウトであったり、文字の表現の仕方であったり、色であったりと、おかしなバランスで名刺が出来上がってしまいます。


仕組みを知らなかったが故に、ゆで卵を温めたいという目的は達成できませんでした。
仕事の良い成果を達成するためにも、仕組みと人の想いは大切にしたいですね。

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン