プリントショップ サン オフィシャルブログ

June 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category渋谷のこと

コップ一杯の水の重要性?

03 Jun,2019

道玄坂には、昔からカリーカイラスという人気のカレーショップがあります。
カウンター10席ぐらいの小さなお店で、家族3世代で経営しています。
おばあちゃん ご夫婦 娘さん


%83R%83b%83v%82%CC%90%85.jpg


プロのお母さんが作っているといった感じの優しいカレーで、
よく煮込まれていて味わい深い。いつでも食べたくなる味。


ボリュームも満点なので、普通盛りで十分満足。
一度だけ大盛りを頼んだことがありましたが、
ご飯が500gぐらいあるのか、最後まで食べるのに一苦労でした。
15年ぐらい前から月に数回は食べていて、注文する時は、いつもカツカレーを食べています。
カツも程よい感じでお主人が上げていて、カリッとした歯ごたえと中のカツとカレーの混じり具合がサイコーです。
昼時はいつも満席で、外にまで並ぶ勢い。


カレーの味だけでなく、このお店のサービスはいつもいいなと感じているのですが、その中でも、基本中の基本を一つ取り上げたいと思います。
それは、コップの水をすぐ注いでくれることです。
コップの水が完全になくなろうが、少し減っていようが、奥さんか娘さんが気がついたらすぐ水を注いでくれます。
いつもつい「すみません」ペコっとなってしまうのですが、気持ちのいいものです。


飲食店では、水を注ぐということは当たり前のサービスで、鉄板ですよね。


おもてなしという言葉で片付けてしまえばそれまでなのですが、
これは、人間の行動をつかさどる基本的な心理の原理 「返報性のルール」に準じているのではないでしょうか。


「他人がこちらになんらかの恩恵を施したら、自分は似たような形でそのお返しをしなくてはならない」というルール。


もし、ある女性が私たちに親切にしてくれたなら、お返しになんらかの親切を返さなくてはなりません。ある男性が自分にどこかに行ったお土産を買ってきてくれたなら、次回買ってお返しをすべきです。ある夫婦がパーティに招待してくれたなら、自分たちが企画した時は、お返しに招待してあげる必要があります。
人は、返報性のルールがあるがゆえに、親切や贈り物、招待を受けると恩恵を与えてくれた人にたいして将来お返しを“せずにいられない”気持ち(心理状態)になります。


ある海外の研究で、レストランの接客係が客に伝票を出す時にアメを1つ付けるとチップが3%増える。テーブル客1人につき2つ配ると増加率は14%アップというのがあるようです。


そんな返報性のルールが、コップに一杯水を注ぐというちょっとした行為ですが、
次にまた来店してお返ししよう(食べよう)という気持ちの一つに
繋がるのではないかと思います。


あなたも何かで返報性のルールを試してみてはいかがでしょう。
もちろんカレーが美味しいのがまず第一ですけどね。

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン