プリントショップ サン オフィシャルブログ

June 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

この癖は職業病!?

22 May,2019

興味があるものに触りたくなる癖があります。


%90G%82%EA%82%E9%83C%83%81%81%5B%83W.jpg


たとえば洋服屋さんにいくと、何となく触っている。
いいなと思う柄のシャツがあった時、見えた時、
ススッとさわってどんな素材なのかと確かめます。
それは、素肌に対して心地よいのかどうかなどをついつい確認しています。


水族館で、ふれあいコーナーなどあったら、そこにいるヒトデは触ります。
がばっと握らないにせよ、指で押して、硬いのかやわらかいかを確かめます。


家具屋さんでは、店の中を歩き回っているとき、
触ることができるモノは多分全部触っているかも。
木の素材、ぬくもり、布の柔らかさかたさ、皮の感触を確かめています。
特に合板ではない木は、手のひらで感じています。


パン屋さんで美味しそうなフランスパンがあったら、摘まんで
どんだけ硬いのかを確かめたい衝動に駆られます。(それはやりませんが)


そして、印刷屋の職業柄、特に、紙はついつい触り、撫でてしまいます。
本やノート、パンフレット、カタログや、名刺、ショップカード、など製品となった紙には、ツルツル、ザラザラ、しっとり、ヌメ、ゴツゴツ、すべすべ、サラサラ、凸凹と触り心地があります。
触った時に何となく感じて思う事。
紙の値段が何となくわかるので、
お金かかっているかかっていないがわかります。


このカタログはお金かけている。かけていない。
この名刺はお金かけている。かけていない。


お金かけているが良いと考えているのではありません。
お金かけている=こだわって作っている
と考えています。
その作った人(注文した人)がこだわっている人なんだろうなーとイメージしています。


例えば名刺にこだわっている営業さんがいて
こだわっている人に頼みたいか頼みたくないかといったら
あなたはどちらでしょう?


ところで、
デジタル化の波にさらされている中で、
紙を触った感覚 触覚は脳科学的にも有効だと
大手広告代理店の研究で言われているそうです。
人間の脳が紙媒体を使った広告とデジタル媒体を使った広告では、違った処理をするのです。


デジタル媒体は、良い点がたくさんあります。
動画、音声、閲覧者の興味関心、履歴を効率的に調べることができる。


紙の場合は、手で触れるという長所を生かして、感情に訴えることができます。
例えば触感に配慮したDM。
厚紙にしたり、変形にしたり、凸凹にしたり、ざらつきを持たせたりして、メッセージを訴えたり、ブランドイメージを植えつけたりする事ができますよね。


触感は記憶に残りやすいものです。
触るという行為、私自身では癖だと思いこんでいますが、
多かれ少なかれ人間であれば当然にあるのかもしれません。


あなたは何か癖がありますか?

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン