プリントショップ サン オフィシャルブログ

February 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

Category世間ばなし

価値あるカード from NY

20 Feb,2019

昨年の12月半ばごろ、
意外にもニューヨークからカードが届きました。


%83%5E%83C%83%80%83Y%83X%83N%83G%83A.jpg


中学時代の後輩からのクリスマスカードです。
最初、郵便受けから取り出したとき、
DMかなと思ったぐらいです。


一年ほど前に、
たまたま同じ学校の卒業した数名
が集まって飲む機会があり、
その時に30年以上ぶりに
再会したのがきっかけです。


中学時代の後輩といっても、
正直な話、そのころは、
お互いに顔と名前を知っているだけで、
まともに会話したことがありません。
でも、大人になって再会して、お酒を酌み交わすと
妙に近づいた感じがしますね。


今その後輩は、ニューヨークで美容師をしています。
高校を卒業と同時に日本を飛び出し、
そのまま美容師の道に進んだようです。
今やワンカット数万円でやっているアーティストです。


そんな彼から届くクリスマスカード。
とてもセンスを感じる素敵なもの。


封筒の素材からして、印刷屋の僕の心をくすぐってきます。
えんじ色でちょっと何かのカスが混じりこみながら、
ちょっとザラつにがある素材。
なにかしらの再生紙ですが、とっても上品です。


中身のカードには、
シンプルにmerry xmassと
トナカイがさりげなく描かれています。


そして、色々と手書きで文章が書かれている中、
最後に「出会いを大切に」のことば。


一つ下の後輩で、いわゆるオッさんからもらっているのですが、
ちょっと胸に刺さり、とてもすごく嬉しくなりました。


これは早速にでも返信を出したいな
という気持ちに。


人から思いがけずモノをもらうといった時に
返報性の原理というのが働きます。
返報性の原理とは、人は他人から何らかの施しを受けた場合に、
お返しをしなければならないという感情を抱く、こうした心理のことをいいます。


そういった心理的要素もあるとはおもいますが、
それ以上に、ぼくにとってこのクリスマスカードに価値があります。


・30年ぶりに会う後輩からもらう意外性
・ニューヨークから届く素敵なカード
・めったにもらうことのないクリスマスカード


その後、クリスマスカードを書いて
12月18日にAIR Mailで返信しました。
その後、1月5日に届いたと、メールがありました(笑)
(アメリカの郵便事情のせいだと思いますが)
クリスマスには間に合いませんでしたが、
とても喜んでもらえたようです。


こういったデジタルの時代だから
あえて手紙といったものは、嬉しいですね。
そして、ちょっとした心遣いで繋がれると
素敵だなと思いました。


あなたは、手紙を書くことありますか?

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン