プリントショップ サン オフィシャルブログ

December 20181 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category印刷のこと

罫線で囲んだ名刺やショップカードを作るときには

13 Apr,2018

名刺やショップカードのデザインをする時は、
必ず紙の端から文字や線までの距離を意識していますか?


特に罫線でギリギリに囲むデザインの時は、
気をつけましょう。


なぜか?


名刺やショップカードのサイズは91ミリ×55ミリが一般的に多
く、印刷する時には1枚1枚印刷していきません。
大きめの台紙に多面付けをして印刷をして、
印刷後に断裁をして仕上げていきます。

IMG_7795.jpg


印刷をしていく際にほんの少し伸び縮みが出ることがあります。
また、断裁していく時に、人の手が入るので
ほんの少しズレることもあります。
気をつけてやってもズレます!(という気待ちで実際に注意しながら印刷してますが…)


1ミリはズレる可能性がある。


例えば罫線で囲むデザインのショップカードをデザインするとします。

四方の端から1.5ミリ入ったところに罫線が配置されている場合、少しでもズレると、片側が全くゆとりのないデザインになるか、極端に線が切れて無くなってしまうこともあります。

明らかにカッコが悪くなりますよね。



1.5mm.jpg
空き1.5ミリのカード


1.5%83Y%83%8C.jpg
右上に1ミリずれたカード



ズレても、あまり気にならない配置は、
端からの空き3ミリ。
ギリギリ頑張って2.5ミリ。

3mm.jpg
空き3ミリのカード


3mm%83Y%83%8C.jpg
左下に1ミリずれたカード

もし、A4サイズぐらいのリーフレットやチラシなどで、
罫線で囲みたい時は、もっと空きの長さをとりましょう。
4ミリから5ミリぐらい。
仕上がりのサイズによっても空きの長さは変える意識があったほうが良いです。


画面で見ているだけだとわかりにくいですが、
印刷は、物理的にも完成した時にズレることを
イメージしてデザインしていくことが大事です。

もし手元にある罫線で囲まれたカードがあれば
空き寸法を四方から測ってみましょう。
だいたい少しズレてるはず。

ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン