プリントショップ サン オフィシャルブログ

April 20161 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category世間ばなし

KING OF POP マイケル・ジャクソン

29 Aug,2009

t-shirt.jpg
渋谷のパルコ・パート3で期間限定ショップ「KING OF POP」が51回目の誕生日に8月29日に合わせてオープンしました。
渋谷はホント、話題の場であり、情報発信の場になるなと思いながら、またさりげなくマイケル・ジャクソンのファンだったのでちょっと覗いてみました。
10坪ないぐらいの店舗にはTシャツ、ポスター、CD、DVD、バッジ、などのアイテムが数多く並んでいます。パルコの一画の、そんなに広くないスペースでショップをやっているのも、レア感があっていい感じです。
特に気になったのは、7月に行われる予定だったロンドン公演2日目限定のTシャツ。明るい緑色に、胸に“KING OF POP”全開のマイケルのイラストがあります。背中に2の数字がある意味がちょっとわからないのですが。
買いに来ている人たちは、20代から40代の男性女性問わず、様々な人々。皆それぞれにマイケルには、思い出があったのだろうと思います。
1980年代90年代、多くのヒット曲がありましたが、その昔ゲームセンターやカラオケボックスに設置されていたレーザージューク(映像と楽曲を内蔵)で「バッド」を良く見ていました。かっこよかったです。曲、映像と共に、その頃の思い出がよみがえってきます。
もう二度とマイケルのようなスターは出てこないのではないかと思うと、永遠の“KING OF POP”です。

Category渋谷のこと

ルミネマン渋谷オープン

26 Aug,2009

lumineman1.jpgタワーレコード渋谷店の隣に“ルミネマン渋谷”がオープンしました。2週間ほど前から渋谷駅前ビルには、「買い物でちょっと遅れます 宮本武蔵」の気になる広告がドンと出ていました。
旧JR変電所跡地にビルは地上4階建てで、1階〜3階部分に16店舗が出店。外観はネイビーを基調にして、ガラス窓を広く取り開放感を打ち出しています。
大型ターミナル駅を中心に、女性向けファッションを展開してきた商業施設「ルミネ」の初の男性バージョンです。コンセプトは、「渋カジ復活」で10代後半〜20代前半の男性をターゲットに絞り込んでいます。渋カジと言えば1980年代後半から1990年代に渋谷で流行ったスタイルですが、それを現代風にアレンジしています。
早速、店内を徘徊してきましたが、その中で特に気になったのは、エスカレータで2階に上がった正面の目立つところに店舗を構える、アンダーキングというメンズアンダーウェアー専門店。20種類以上ものブランドのボクサーパンツがザッとディスプレーされています。男もこれだけアンダーウェアーに気を使うことが大事な時代なんだと感じさせるお店ですが、女性向けのモノもあり、カップルでおそろいで楽しめます。
渋谷のルミネにしても、その中の様々な店舗にしても、コンセプトやキーワードを打ち出し、こだわった専門性をPRし、そしてブランド化しています。そうしたこだわりの部分は、プリントショップサンそのもの、または名刺やチラシやはがきなどの印刷においても、お客様に伝え安心してご注文頂けるよう努力したいです。


Category渋谷のこと

渋谷109 屋外広告3“20世紀少年”

24 Aug,2009

0824tomodachi.jpg
渋谷道玄坂にある SHIBUYA109の広告は“20世紀少年”。
“ともだち”の写真がドーンとアップでのり、ただ「終わり。8.29」と書いてあるだけの広告です。
知らない人が見たら、何だあれ、何か気持ち悪いなぁということになるでしょう。
知っている人は、ともだちがでかいって、思うでしょう。
そして、「終わり。」と書いてあるだけなので、薄気味悪く、何だろうって興味がわく。いずれにしても、すごくインパクトのある広告だと思いました。
20世紀少年は、1999年から2006年まで小学館の週刊ビッグコミックスピリッツで連載された浦澤直樹の長編漫画です。単行本は累計2800万部発行されています。
その漫画が映画化され、3部作の今回は最終章。
20世紀末、小学生の頃に遊びで書いた“よげんの書”の内容通りに、世界滅亡の危機が現実に起こりつつあることを知ったケンヂは、かつての仲間を集め世界を救うために立ち上がります。事件の裏には“ともだち”と呼ばれるカルト教団の存在があり、謎多いストーリー展開です。唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子などの多くの豪華キャストによって実写化されています。
謎、カルト教団、最終章などの意味深なキーワードをうまく組み合わせ、109にインパクトのある広告が出来上がった感じがします。
プリントショップサンでは、いい意味でのキーワード、かっこいい、かわいい、きれい、さわやか、センスいいなどでインパクトを与え興味を持ってもらうと言う事を、小さいながらも名刺やチラシ、ポストカードなどの制作で、力を入れていきたいと思います。

Category渋谷のこと

渋谷109 屋外広告2“ソフトバンク SMAP”

12 Aug,2009

0812smap.jpg

渋谷道玄坂にある SHIBUYA109の広告は“ソフトバンク SMAP”。
テレビでは既にソフトバンクのSMAPを使った豪華な新CMが流れています。
ラスベガスの豪華ホテル「ベラージオ」をモチーフに制作された総面積1500u長さ75mの屋内セット、約300人のエキストラダンサー、世界No1の女性振付師、ワンカット撮影、そしてSMAP。
キャメロン・ディアス、ブラッド・ピッドに続き、圧倒的存在感のSMAP5人組を起用し、
かたや「ホワイト家族24」で人気のお父さん犬、上戸彩の存在感を出しているソフトバンクの広告は、いつもインパクトを与えてくれます。

数年前まで、携帯電話市場はドコモやauのイメージが強かった印象があります。
また、携帯そのモノにどのような機能が付いているか(テレビ見れるのか音楽聴けるのか防水かなど)で争っていた感じがします。
どの携帯電話も、機能があまり変わらなくなってきた今、携帯市場はサービスの違い、人にモノを伝えていく手段、広告の仕方の違いが重要なっていると感じます。そこで勢いがあるのはソフトバンクではないでしょうか。
人にインパクトを与え興味を持ってもらうと言う部分では、プリントショップサンで名刺やポストカードやチラシを制作、印刷していることは小さな事ながらも、重要なお手伝いをしていると思います。
スタッフ一同、日々良いサービスを心がけたいです。

Category世間ばなし

こだわりのバーバー

11 Aug,2009

夏真っ盛りになってきて、
やっぱりスッキリしようと思い、
いつも行っている床屋さんへ行ってきました。
渋谷区の円山町、井の頭線の神泉駅徒歩1分ぐらいのところにある
“THE BARBER”
お店のつくりが重厚で落ち着いた雰囲気を出しています。
くるくると赤と青と白の電飾が回るまちの床屋さんの
ワンランクもツーランクも上といった感じで、
「バーバー」と呼びたくなる雰囲気です。
渋谷周辺にはたくさんの美容室や床屋さんがあり、
今までにも色々なところに行きましたが、
リラックスできて、安心して任せられて、
また男のダンディズムをかき立てる空間として気に入っています。

お店のインテリアや働いている人たちの服装、態度、動き、メニューの内容など、
たくさんこだわっているなと感じる部分があります。
商売道具のひとつ、ハサミは、
私のたいしたことない頭をカットするのにたくさんの種類を使い分け、
1本数万円もするものもあるとかで驚きです。
そうした色々な“こだわり”がお客様の満足につながり、顧客が増えていくのだなと
行く度に感じます。
もしかしたら、私が気づいてないだけで、もっと奥深いこだわりがあるかもしれませんが。

“こだわり”の部分は、例え小さなお店であるプリントショップサンでも持ち続けたいです。
印刷は、製品化していく過程で、様々なことに気を配らないといいものに仕上がりません。
デザインのこと、文字のこと、画像のこと、データのこと、紙のこと、印刷の色のこと、製本・加工のこと・・・。
お客様には見えない部分は多々ありますが、それぞれに気を配り、こだわり、
いいモノに仕上げていいサービスを心掛けたいです。

Category印刷のこと

渋谷のお祭りポスター印刷

07 Aug,2009

maturi090803.jpg
今年も9月に行われる渋谷の祭り 渋谷金王八幡宮例大祭のポスターを印刷しました。
これから渋谷の各所で貼られます。
イラストは渋谷金王八幡宮。
渋谷駅の東口徒歩5分、渋谷警察署から少し入ったところにあります。
渋谷氏の祖、河崎基家が寛治6年(1092)渋谷城内に創建したといわれています。
江戸時代は、江戸八所八幡の一つとして数えられ、幕府要人の崇敬が厚かったという総漆塗りの現社殿は慶長17年(1612)の建立で、春日の局が家光将軍決定の御礼として建立したといわれ、渋谷区内では最古の木造建築物とされています。
渋谷の雑踏のイメージをいっぺんに忘れ去ってしまう閑静な空気感が心地良い場所です。
散歩がてら一度は訪れてみてください。

プリントショップサンが所属する道玄坂町会のお祭りの予定は
9月19日(土)18:00〜宵宮(前夜祭)
9月20日(日)12:00〜道玄坂パレード
 14:00〜109前にて神輿連合渡御

Category渋谷のこと

渋谷109 屋外広告1“HACHI 約束の犬”

05 Aug,2009

0806hachi.jpg渋谷道玄坂にある SHIBUYA109の広告は“HACHI 約束の犬”。
8/8(土)公開です。まさにハチにちなんでの公開日ですね。
日本で有名な実話「ハチ公物語」をハリウッドで映画化です。
リチャード・ギア主演。

渋谷のハチ公と言えば、その銅像が昔から待ち合わせ場所として有名です。
今から80年ほど前、“ハチ”という名の秋田犬がいました。毎日夕方5時半、仕事から帰ってくる主人を渋谷駅まで迎えに行き、主人が亡くなった後も、ずっと駅で待ち続けた犬です。
主人の愛情に包まれて成長した犬が、「待つ」という事で信頼の美しさ温かさを表現している。大切な事を教えてくれているお話です。

試写会を見に行った、うちのスタッフは泣き通しだったと言っていました。
渋谷での感動の話が、海を越え、そしてハリウッドから逆輸入されている。
ぜひ見に行きたいと思います。

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン